巨大不動産財閥の会長の1人息子として生まれ、「金で解決できない問題はない。(難があるとしたら)ただ金が足りないだけだ」という父の教えのもと、何不自由なく育つ。賢く、機知に富んで知恵が働くうえ、やられたらやり返す負けず嫌いな性格である一方、誰よりも母親思いの優しい面も。父を死に追いやったセグァンの策略で交通事故に遭い記憶を失うが、その事故をきっかけに一度見聞きしたことは瞬時に覚えてしまう能力を得た。闇金業者のポク会長の支援を得て孤児院で育ち、優秀な成績でソウル地方検察庁特捜部の検事に就任。貧しい検事を装うが、裏では職権を悪用し不正に金を貯めるなど、金への執着は強い。ある事件により検事の職を失い、弁護士になるが、そのなかで実母と再会。記憶を取り戻し、親の復讐を心に誓うとともに、正義に目覚める。金のせいで一度は全てを失った人生だが、どんなピンチでも諦めない粘り強さと図々しさにより、金で人を揺り動かし、復讐を果たしていく。
                   1977年3月20日生まれ。184cm、B型。本名チョ・テギュ。02年、ミュージカル「ロッキー・ホラー・ショー」でデビュー。ミュージカルや数本のドラマの端役出演を経て、05年のドラマ「がんばれ!クムスン」で子持ちのヒロインを一途に愛するツンデレ医師を好演し人気スターの仲間入りを果たす。以降、主演俳優として多くのドラマに出演。特に、11年の「私に嘘をついてみて」は日本でも地上波放送されて人気を呼び、“ロマンチック・コメディ俳優”としての座を確固たるものにした。一方、08年の『映画は映画だ』では生意気な映画俳優を熱演し、各映画祭で新人賞を受賞。ロマコメ作品『7級公務員』をヒットさせるなど、スクリーンでも実力を認められている。最新作は、チンピラから財閥グループの子息に生まれ変わる男のサクセスストーリー「ビッグマン」。全編アメリカロケを行ったロードムービー『明日に向かって撃て』が14年公開予定。
【出演作】ドラマ「ビッグマン」(14年)、「私に嘘をついてみて」(11年)、「コーヒーハウス」(10年)、「快刀ホン・ギルドン」(08年)、「京城スキャンダル」(07年)、「90日、愛する時間」(06年)、「恋の花火」(06年)、「がんばれ!クムスン」(05年)、「ラストダンスは私と一緒に」(04年)、映画『チャ刑事』(12年)、『7級公務員』(09年)、『映画は映画だ』(08年)、『訪問者』(06年)
消費者金融業を営む母を持ち、幼少期から食べることで寂しさやストレスを発散してきた巨漢女子。少女時代に出会ったガンソクに一目惚れするも、醜い体型のため撃沈。大人になり、後継者修行のため母の命令で黄海信用金庫に勤務する中、そこで記憶を失ったチャドン(ガンソク)に再会。全身整形を決意し、痩身の美女に生まれ変わる。チャドンがどんなことをしてもカッコ良く見えるほど好きだが、意地もあり「好きではない!」と言い張っている。母親譲りの肝っ玉と経営能力を持ち、勝ち気。油断すると過食してしまうため、食べ物には敏感。父がいないことを密かに気にしている。
                      1985年1月25日生まれ。167cm、O型。02年、女性アイドルグループ、Sugarのリーダーとしてデビュー。04年にグループを脱退し、女優に転身。人気シチュエーションコメディ「明日に向かってハイキック」で、間の抜けた家庭教師役を演じてブレイク。「ジャイアント」ではシリアスな演技も認められ、以降「私の心が聞こえる?」などの良作に出演し、主演女優として着実にキャリアを重ねている。
【出演作】ドラマ「秘密」(13年)、「フルハウスTAKE2」(12年)、「ゴールデンタイム」(12年)、「私の心が聞こえる?」(11年)、「ジャイアント」(10年)、「明日に向かってハイキック」(09年)、「エデンの東」(08-09年)
ソウル地方検察庁特捜二班主席検事で、のちに特捜部の部長検事に昇進。切れ者で、“法曹界のロビン・フッド”と呼ばれ、表向きは正義を貫く検事だが、裏では金を利用して邪魔なものを排除している冷酷な野心家。後見人だったイ・ジュンマン会長を死に追いやった張本人だが、そこには自分の父が会長の身代わりで獄死したことへの恨みがある。会長の愛人だったビリョンと交際していたが、愛より金と出世を選び、すげなく捨てたり、会長の妻ギスンを精神病院に閉じ込めるなど、非道なことこの上なし。
                  1970年10月19日生まれ。177cm、A型。90年、映画『将軍の息子』でデビューし、大鐘映画祭新人賞を受賞。この作品はシリーズ化されるほどの人気を博し、全作に出演。ペ・ヨンジュン主演の「若者のひなた」で、青春スターとして人気を得る。10年の「ジャイアント」でカリスマ性溢れる存在感を放ち、現在、俳優人生として第2の全盛期を迎えている。
【出演作】ドラマ「スキャンダル」(13年)、「武神」(12年)、「シティハンター in Seoul」(11年)、「ジャイアント」(10年)、「大王世宗」(08年)、「不良カップル」(07年)、「そばにいて」(07年)、「愛しのおバカちゃん」(06年)、「愛の群像」(99年)、「若者のひなた」(95年)、映画『将軍の息子3』(92年)、『将軍の息子2』(91年)、『将軍の息子』(90年)
イ・ジュンマン会長の愛人で、会長の支援により映画界の新星として注目を集める女優。後に、美容室やアパレル会社を経営する企業家に。美貌と愛嬌を武器に、大物の懐にうまく入り込み、世を渡り歩くタイプ。恋人だったセグァンに従い、会長の殺害を共謀。金を山分けした後、セグァンに捨てられ海外へ渡るが、再び帰国し本人の前に現れる。セグァンに復讐したいが、惚れた弱みで振り回される憐れな女。無知で図々しいが、優しい言葉に弱く、人に騙されやすいなど、実は純粋な面あり。
            1980年10月14日生まれ。172cm、B型。レーシングクイーンとして絶大な人気を集める中、04年のドラマ「嵐の中へ」で女優デビュー。安定した演技力が認められ、同年の大ヒットシチュエーションコメディ「オールドミス・ダイアリー」で人気を得る。結婚、出産を経験しながら、コンスタントに女優活動を継続。コメディからシリアスまで、さらにデキる女から無能な女、悪女から可愛い女までと幅広い役をこなしている。最新作はイ・スンギ主演の「君たちは包囲された(原題)」。
【出演作】「約束のない恋」(13-14年)、「限りない愛」(12-13年)、「あなたが寝てる間に」(11年)、「ドラゴン桜〈韓国版〉」(10年)、「ATHENA-アテナ-」(10-11年)「風の国」(08-09年)、「外科医ポン・ダルヒ」(07年)、「恋愛時代〜alone in love〜」(06年)、「オールドミス・ダイアリー」(04年)
ソウル地方検察庁特捜部検事でチャドンの先輩。クールな美女だが、女であることでバカにされまいと必死でタフを装っている。父親は政界に影響力をもつ人物だが、親の七光りと言われることを嫌い、隠している。正義感が強く、密かにセグァンに想う。
1983年7月27日生まれ。172cm、A型。01年、モデルとして芸能界入り。女優としては04年の「ごめん、愛してる」でソ・ジソブ演じる主人公の元恋人役で知られるように。在カナダ韓国人でネイティブな英語力を生かした役が多い。
【出演作】ドラマ「応急男女」(14年)、「ロマンスが必要」(11年)、「黄金の新婦」(07年)
消費者金融業を営む闇金業界の大物で、ジェインの母親。高級韓定食店のオーナーでもあり、各分野の実力者が集う「青緑文学会」会長という顔ももつ。やり手で人を見る目があり、チャドンを検事に育て上げた後見人でもある。夫は死んだらしいが…?
1951年9月3日生まれ。O型。71年、MBC公採タレントとしてデビュー。「バリでの出来事」のチョ・インソン演じる主人公の母親役や、『家門の危機』に始まる映画“家門”シリーズのヤクザの母親役など、個性的な母親役で有名。【出演作】「愛情万々歳~ブラボー!マイ・ラブ~」(11-12年)、「大胆な彼女」(10年)、「王と私」(07-08年)
イ・ジュンマン会長死亡事件の担当検事で、上に逆らう非主流派だったが、借金に苦しむ中、セグァンに買収され事件の共犯側に。部長検事を経て、司法研修院の教授、ソウル地検庁長にまでのし上がる。野心家で、セグァンとは常に牽制し合う関係。
1963年8月26日生まれ。173cm、A型。83年、ミュージカルで俳優デビュー。その後、TVドラマや映画界にも進出。悪役から善人まで幅広く演じ分ける名バイプレイヤーとして活躍している。
【出演作】ドラマ「女王の教室」(13年)、「ゴールデンタイム」(12年)、「サラリーマン楚漢志<チョハンジ>」(12年)、「ジャイアント」(10年)
イ・ジュンマン会長の顧問弁護士で、セグァンと共謀し会長を殺害。後に前ソウル市長で有力者チョン・ヘリョンの顧問弁護士となる。権力に身を売って生きる姑息な悪徳弁護士で、いち早くチャドンがガンソクと知り、接触しようとするが…。
1966年3月27日生まれ。165cm、B型。90年、舞台俳優として演技人生をスタート。「太陽を抱く月」の内官ヒョンソン役など、脇を締める個性派俳優としてドラマや映画でも強い印象を残している。
【出演作】ドラマ「ホジュン〜伝説の心医へ」(13年)、「太陽を抱く月」(12年)、「サイン」(11年)、「トンイ」(10年)、「快刀ホン・ギルドン」(08年)
ソウル地方検察庁特捜部検事室係長。検事試補としてやってきたチャドンに丸め込まれ、以来、チャドンの相棒のような存在に。チャドンが検事職を辞め、弁護士になってからも、共に辞職し、チャドンの弁護士事務所で彼を支えることに。
1965年8月10日生まれ。MBC公採タレントとしてデビュー。12年の「サラリーマン楚漢志<チョハンジ>」では、主人公のライバル、ハンウの手下役で出演。
【出演作】ドラマ「二度目のプロポーズ」(04年)、「波乱万丈Missキムの10億作り」(04年)、「ジュリエットの男」(00年)
イ・ジュンマン会長の妻で、ガンソクの母親。愛人に現を抜かし、自分を息子の養育係くらいにしか思っていない夫のもと、ガンソクだけを拠り所に生きている。セグァンにより夫殺害の濡れ衣を着せられたうえ、精神病院に閉じ込められてしまう。
1961年2月19日生まれ。160cm、B型。81年、MBC公採タレントとして芸能界入り。83年から02年まで続いた長寿ドラマ「田園日記」で知名度を高める。優しく穏やかな母親役が多い。
【出演作】ドラマ「シンドローム」(12年)、「キム・マンドク~美しき伝説の商人」(10年)、「No Limit~地面にヘディング~」(09年)、「スタイル」(09年)
クォン・ジェギュの息子でソウル地方検察庁特捜部検事。真面目で有能な男で、父と直属の上司であるセグァンを尊敬している。父の命令でポク会長の娘であるジェインと嫌々見合いをしたが、ジェインに好意を抱き、チャドンとライバル関係に。
1991年9月24日生まれ。180cm、A型。09年、ドラマ「帰ってきたプリンセス」でデビュー。11年の映画『マイウェイ 12,000キロの真実』ではチャン・ドンゴンの子役を演じ、“ウォンビン似”の美男スターとして注目される。
【出演作】ドラマ「あなたなしでは生きられない」(12年)、「リアル・スクール」(11年)、映画『ザ・タワー 超高層ビル大火災』(12年)
SBC芸能部記者。ビリョンの特ダネ記事を狙う中、セグァンに買収され、イ・ジュンマン会長殺害事件を隠蔽。後に、「コ・ホが行く」という言論番組をもつまでに出世。世間からは“正直な弁論者”と言われているが、実際はご都合主義の俗物。
1968年2月17日生まれ。180cm、A型。90年、アニメの声優としてデビュー。92年SBS公採タレントに。「華麗なる遺産」の執事役など、多くのドラマで多様な脇役を演じている。
【出演作】ドラマ「男が愛する時」(13年)、「武神」(12年)、「太陽を抱く月」(12年)、「シティハンター in Seoul」(11年)、「検事プリンセス」(10年)
「君たちは包囲された(原題)」 「サラリーマン楚漢志〈チョハンジ〉」
「ジャイアント」 「不良家族」
「奇皇后」 「サラリーマン楚漢志〈チョハンジ〉」「ジャイアント」